読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コソコソひとりで勝てるFX日記

何となく流れで始まったFX日記、せっかくのご縁ですので読んでくれる方が勝てるような内容にしたいと思います。

もう一つの勝てる手法

おはこんばんは(笑)

本日もコソコソひとりでやってます、

ひとりです。

 

前回の記事では

本当に勝てる手法について書きました。

 

今回はそこに

もう一つのプラスαが加わることにより、

本当に勝てる手法が見出せます。

(たぶんですよwww)

 

まず、前回記事を読み直して頂き、

勝つために本当に必要なことを

再確認していただけたら光栄です。

 

面倒な方は割愛でも大丈夫です(笑)

 

前回の記事からの引用になりますが

皆さんが使われてる手法が

どのようなものでもいいのです。

 

ですが、同じ手法でも

勝てている方、負けている方の

両方がいらっしゃいます。

 

この差については、前回記事に挙げました。

(読んだ方が良いってことですw)

 

そこに加えてもう一つ必要なのが

金管

 です。

 

(;一_一)何を今さら……?

という感じでしょうか(笑)

 

それでは質問なのですが、

皆さんが現在使ってらっしゃる手法は

 

手仕舞いまでの大まかな時間はどれくらいで

利益幅、損失幅はどうやって出していますか?

 

専門用語っぽいのが並んでしまってるので

申し訳ないのですが、

 

色々な手法がある中で

その手法に最も合った

 

保有時間、利益幅、損失幅

というものがあるのです。

 

これらが自身で見出せなければ

その手法に合った枚数(ロット)が出せません。

 

いまいち分かりずらいでしょうか?

例えばですがAと言う手法と

Bと言う手法があって

 

Aは利益幅10pips損失幅5pipsで勝率が55%

Bは利益幅5pips損失幅4pipsで勝率が70%

となったときに、

 

この二つは同じ枚数では売買ができません。

実際はクリック、タップすれば売買は可能ですが、

 

同じ枚数で売買を繰り返していては

破たんする可能性が大です。

(Bの枚数にAが合わせたら破たん大です)

 

それぞれの手法に合わせた

保有時間、利益幅、損失幅

というものがあり、

 

これらに合わせた取引枚数、

というものがあるのです。

 

これらは四字熟語で言うところの

金管

……………………(笑)

 

四字熟語かどうかはさて置き、

手法に合わせた資金管理が必要で

(利益幅なども資金管理の一環です)

 

金管理の方法が

手法に合っていなければ勝てません!!

 

ここまで読んで頂けた方は

分かって頂けたと思いますが

 

この手法に合わせた資金管

手法の成り立ちを知らなければ

算出することが出来ません。

 

本当に勝つために必要なのは

手法に隠される騙しを見破る力

その手法に合った資金管

 

この二つが組み合わさって

初めて完成するものです。

 

こういった

FXに関する個人売買の根本

きちんと理解していないと

 

勝ち続けることは厳しいのが

為替相場の世界です。

 

ですので、勝ち続けることが出来ない方は

今一度、この辺りを見直すことが

新しい手法を探すよりも

 

勝てる一番の近道です。

 

今回も少々長くなりましたが

失礼致します。

 

次回は「自分に合った手法の選び方」

について書きたいと思います。

 

ひとり