読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コソコソひとりで勝てるFX日記

何となく流れで始まったFX日記、せっかくのご縁ですので読んでくれる方が勝てるような内容にしたいと思います。

勝てるルール2

おはこんばんは(笑)

本日もコソコソひとりでやってます、

ひとりです。

 

それでは前回に続き、

ルールの解説を進めたいと思います。

 

なぜ解説をするのか?

と言うことにも注目を頂きたいのですが、

 

そのルールの意味を知ってもらえれば

守る意味も理解頂けると思いますので

ルールを守る大切さ、の理解がより進むと思います。

 

ルール2は「損切を外さない」

と言うことですが、

 

これはどこの書籍でも、

トレーダーさんも言ってますので

よく聞くことですが、

 

私の言う“外さない”と言うのは

私が教えていた方からの質問で一番多かったのが

 

「ぴったり損切りレートで掛かりました、

損切り幅を拡げてもいいでしょうか?」

という質問です 。

 

ここについては

勝てる手法とは、自分に合った手法です

の記事でも書いてますが

 

手法が悪いのではなくて

自身のエントリーポイントが悪いだけなのに

損切り幅をズラそうとしてる時点で

 

勝てない方の共通点に当てはまります(´;ω;`)ウゥゥ

 

皆さんがどの手法を使っているのかは

私には分かりませんが、

 

その手法に合った損切幅が

設定されているはずです。

 

ですから、私は基本的に損切幅は

4~5pipsと決めていますが、

 

損切りがぴったり5pipsで掛かったとしても

ルール違反がどこにあったのか?

と言うことを一番に考えます。

 

寧ろ、ぴったり5pipsで損切りが掛かったのであれば

真っ先にルール違反を考えます。

 

私は自身の手法については

過去10年分の検証をしていますので

 

このようなときは、

ルール違反が先に浮かぶ習慣がついてます。

 

ですが、勝てない方の共通点には

負けると手法のせいにする傾向が観られますので

 

そこは手法ではなく

原因は自身にあることを知って頂ければ、

今回の記事もお役に立てたのではないかと思います。

 

今回のルールの真意は

いつでも負けた時の原因は手法ではなく

自身にあると言うことです。

 

少しでも面白かった、為になった!

と言ってくださる方、

 

ポチっと応援お願い致します。

↓ ↓ ↓ 

 

それでは次回はルール3の真意

について書きたいと思います。

 

ひとり