読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コソコソひとりで勝てるFX日記

何となく流れで始まったFX日記、せっかくのご縁ですので読んでくれる方が勝てるような内容にしたいと思います。

使用するインジケーターについて

おはこんばんは(笑)

本日もコソコソひとりで取引しております、

ひとりです。

 

本日は連敗からのスタートでした(笑)

私自身が最初に書いた記事で自分で言っておきながらですが、

それでも連敗するとΣ( ̄ロ ̄lll)ガーンとなりますね(笑)

 

さて、今回は初めての質問を受けましたので

私が使ってるインジケーターについて

書きたいと思います。

 

偶然にも前回記事で

チャート画像を挙げることになり、

 

読まれている方は

何を使っているのかご存知かとは思いますが

初めての質問ですのでウキウキで回答したく思います。

 

某TV番組の「はじめてのお〇かい」の気分です(笑)

私は1分5分足のローソク足

SMA5 13 21 一目の雲と遅行線です。

 

オシレーターMACDストキャスティクス

パラメーターはMACDはデフォルト

ストキャスは15 5 5です。

 

=ニュース速報=

ちょうど今、利益確定で

本日もプラスで終わることが出来ました。

 =終わり=

 

実際、これを聞いて

皆さんどう思いましたでしょうか?

 

おそらくですが

「普通…。」

ではないでしょうか?

 

私は昔からあるものを

組み合わせて使っているだけです。

 

ですが、ここで知って頂きたいのは

昔からある手法が未だに残っているというのは

今でも通用するからこそ残っているのです。

 

勝てるための手法についての記事でも書きましたが

勝ち続けている方の共通点には

その手法の成り立ちを深く掘り下げています。

 

その手法が相場の何を観るために

相場のどこをベースに考え出されたか?

という、根本を押さえてるわけです。

 

私も自分で使ってるインジケーターについては

何を推し測るために、どのように考えだされたか?

くらいは把握しています。

 

それを押さえた上で計算式を調べると

より一層、理解が深まると思います。

 

ぜひ一度、自身が使われているインジケーターについて

調べてみることをおススメ致します。

 

SMA(単純移動平均線)が分かりやすいので

例に挙げますと、

 

このインジケーターは単純に終値

指定のパラメーターで割って平均値を出したものです。

学校のテストの平均点みたいなものです(笑)

 

これが相場ではどのように考えられるか、

考えてみましょう。

まずは分かりやすく、物で考えていきたいと思います。

 

お魚の市場で「泳げタイヤキ君」が

毎日毎日、1匹平均100円で取引されているとします。

 

では、あなたが市場に行って

泳げタイヤキ君を買おうとしたときに

その時は105円で売られていました。

 

平均よりも5円ほど高いですが、買いたいですか?

出来るなら、せめて市場平均の100円で買いたくないですか?

欲を言えば、98円とか市場平均よりも安く買いたいくないですか?

これが買う側の気持ちです。

 

では、売っている方はどうでしょうか?

次は市場で泳げタイヤキ君を

売ってる立場で考えてください。

 

毎日毎日、市場平均は100円です。

売る側としては市場平均よりも

高く売りたいのではないでしょうか?

 

100円で売るよりも

103円、105円で売れた方が良いですよね?

 

この二つの気持ちを考えてください。

 

buyサイド

買う人はせめて市場平均で買いたい、

もしくは更に安く買いたい、

 

と言うことは、

市場平均に近づけば買う人が集中するわけです。

 

sellサイド

売る人は少しでも市場平均よりも高く売りたい、

更に高くなれば高くなる程、戻る前に売りたい、

 

と言うことは、

市場平均から高くなるほど売る人が集中する、

と言うことです。

 

ここまで長々続いた、泳げタイヤキ君の話も

ここまで来れば、もう大体分かりますでしょうか?

 

買う人が集中するところで買えれば、

買った後に値段が上がっていきますね?

 

買った後に高く売れれば儲かるわけですから

値段が下がる前に売りたいとこです。

 

ですから売る人が集中するところで売れれば

値段が下がる前に売り抜けるわけです。

そうすればしっかりと利益を出すことが出来ます。

 

最早、FXと何も変わりはありません。

違いは泳げタイヤキ君で取引をするのか、

ドルやユーロ、ポンドで取引をするのか、

 

この違いくらいです。

ちょっと単純にしすぎた部分はありますが、

これがSMAによるFXトレードの成り立ちです。

 

「投資家心理」と言う難しい言葉を使って

説明されることが多いですが、

泳げタイヤキ君話と大して変わりません(笑)

 

今回はだいぶ長くなってしまいましたが、

こうやって様々なインジケーターが出来て、

それに基づく手法が出来るものなのです。

 

こういった根本を押さえておけば

嫌でも勝ち続けることが出来るようになります。

少しでも理解が深まって頂ければ幸いです。

 

少しでも面白かった、為になった!!

と言ってくださる方、

 

ポチっと応援お願い致します。

↓ ↓ ↓ 

 

 それでは次回は、

勝てるトレードスタイル

について書きたいと思います。

 

ひとり